ピアノを弾くにあたり、基礎を大事にしています

幼児~小学校低学年のお子さんが、初めてピアノを習う時には、「ピアノの基礎」を学んでいただきます。習い始めの頃は、レッスン時間中ずっとピアノを弾いている訳ではありません。なぜなら、初期の段階で覚えることで、その後ぐんと上達する事(=基礎)が色々あるからです。

 

基礎知識

1 鍵盤の名前(ドレミ)を覚える

2 指番号を覚える

3 音符の読み方や長さ(リズム)を覚える

これらのことを覚えるために、レッスンでは、カードやマグネットなどの教具を使い、飽きないように身につけさせます。成長とともに集中力がついてくると、これらにかける時間が短くなり、ピアノを弾く時間が長くなっていきます。

 

■読譜力

音楽の教科書に載っている程度の楽譜は読めるように指導します。将来的には、自分一人で楽譜を読み、ピアノを楽しんで弾けるようになる「音楽的自立」を目指します。

 

■耳の力、聴く力

先生が歌うメロディーを真似したり、音当てクイズや聴音を行い、少しずつ鍛えていきます。将来的には、簡単な曲の耳コピーができる事を目指します。

 

■実技(ピアノを弾くための技術)の基礎

1 両手で弾ける

2 右手と左手で違う動きができるようになる

3 指がよく動くようになる

4 指の力をつける(基礎練習として重要)

そして、見過ごしがちな「姿勢」についてもしっかり指導致します。

姿勢を保つ事は、すべての集中力アップにつながるからです。

 

これらの時間を当教室では、音楽の基礎的な力がつく事を願い、毎回のレッスンで取り入れています。もちろん、弾く時間とのバランスを考えながら進めております。

 

このほか、基礎力の定着のため、ピアノの練習とともにご家庭でお願いしたいこともございます。

 

■音楽の約束事(楽典)

ドリルやワークを毎回宿題に出します。ご家庭でコツコツと取り組んでいくことで、力をつけていただきます。

 

以上、まるで花の種を撒き、発芽を見守るように、様々なアプローチでピアノの基礎的な力をつけていきます。花が咲く時期は、個人差がありますので、一慨には言えませんが、目標として、ゆっくりなお子さんでも小学6年生までにベートーヴェンの「エリーゼのために」がきちんと弾けることを願ってレッスンしております。

 

レッスン(月・火・水)初級~中級ピアノ

◎基礎から丁寧に学ぶ 「幼児~小学生」コース

 月3~4回(40回/年)1回30分

 月謝 7,500円

◎あなたが弾きたい曲に挑戦できる 「中学生~高校生」コース

 月3~4回(40回/年)1回30分

 月謝 8,000円

◎初心者~経験者まで 「大学生~大人」コース

 月3~4回(40回/年) 1回30分

 月謝 8,500円 

 ※他にも色々な大人向けコースがございます

 (下記の☆印のコースをご覧下さい)

◎保育士・幼稚園教諭取得を目指す方  保育科ピアノコース

 月3~4回(40回/年)1回30分

   月謝 9,000円            

  ※試験の前に追加レッスンを希望される場合、別途レッスン料が必要です

 

詳細はこちらから>>>

レッスン(月・火・水)上級ピアノ

◎ツェルニ―40番~こちらのコースになります

月3~4回(40回/年) 1回30分

月謝 10,000円

レッスン(月・火・水)オトナピアノ

◎こんな大人向けコースもございます

☆チケット制

固定の曜日、時間では通いにくい方には、こちらがピッタリです

1回30分  5回分(6ヶ月有効

15,000円

詳細はこちらから>>>

 

☆おためしレッスン

1回60分 6,000円

試験対策、1曲を集中してレッスンなさいたい方向け

 

・レッスン曜日 月・火・水

・入会金 3,000円(税込み)

・ご希望の方には、コンクールやグレードテストに向けたレッスンも行っております

・毎年 冬~春に発表会を行っております

 

 

教材について

■3才児のレッスン教材

3才児のレッスンでは、ピアノを弾く前に覚えておきたい事をまず学びます。

例えば、右手、左手の確認・ピアノの鍵盤で2つの黒鍵、3つの黒鍵の区別・指番号・歌、その他をこれらのテキストを使って楽しく基礎を学びます。

本格的なピアノレッスンは、4才以降~スタート致します。

 

■ピアノ導入レッスン

ピアノ導入レッスンでは、石嶺尚江先生のオリジナル・テキストを使います。

知っている曲が色々収録されているこのテキストを使って、右手、左手、両手の練習をします。

音源がありますので、弾けるようになりましたら、アンサンブル体験ができます。

 

■幼児用教材~児童用教材

30年の指導経験の間に、色々な楽譜を使ってきました。

その経験を生かして、ひとりひとりに合った楽譜を選んでレッスンしております。

 

■中学生からピアノを始めたい方向け教材

学校の音楽の授業で学び、鍵盤のドレミの名前がわかる方、音符の読み方がわかる方など、その他、音楽に対する理解に個人差があります。

その方のレベルに合わせて、できる事からレッスンしていきます。

 

テキストは、左から「Go! Fingers!」(指番号、その他を覚えます)、「バーナム ピアノ テクニック」(テクニックの本です)、「みんなのオルガン・ピアノの本」(クラシックピアノの基礎を学びます。大きい音符で読みやすいです)、「はじめてのギロック」(ペダルを使う曲が色々載っています。ハーモニーもきれいです)


■大人用教材

大人のレッスンでは、弾きたい曲やジャンルが決まっていらっしゃる方には、ご希望に合うテキストをお使いいただきます。又、クラシックを基礎から学びたい方には、1番左のバイエルをお勧めすることがあります。

そして、知っている曲で基礎やコード・ネームを学びたい場合、左から2番目のテキスト「おとなのためのピアノ教本」か、左から3番目の「シニアピアノ教本」より合う方をお使い頂きます。

併用曲集として、1番右の「オトナの初心者ピアノ」もお勧めです。色々なジャンルの曲が載っています。

 

 

■保育士、幼稚園教諭を目指す方向けの教材

保育士用レッスンの場合、学校によって、使うテキストが異なります。

学校のピアノの授業についていけるように、サポートします。

 又、まだ学校が決まっていない方には、保育科でよく使われている「バイエル」(左のテキストです)を使います。

童謡や子供の歌を弾きたい方には、左から2番目のテキスト「はじめてのメロディ」を使って、弾き歌いします。

そして、コード・ネームも覚えます。1番右の「こどものうた」に載っているこども向けの歌をレッスンで歌うこともあります。

 

■リズム、ソルフェージュ

ソルフェージュとは「音楽の基礎学力」のことです。

上のような教材を使い、リズムをたたいたり、音符を読んでいきます。

 

1番右のテキストは、「旋律聴音」です。当教室では、希望の方に行っております。

先生が弾くピアノのメロディ―を書き取ります。

拍子感とリズム感を養います。

 

■その他

左から、「せんかんブラザ―ズ」は、五線のしくみを覚えるための楽譜です。「ドレミファソランド」は、ドレミの配列を学びます。「ケンとバン」は、鍵盤のドレミの名前を楽しく覚えます。

「おんがくパズル」は、パズル好きの方に、楽しめるテキストです。

 


■レッスン・グッズ

■ピアノの練習の励みになるように

どちらも子供のレッスンで希望者にお渡ししています。

左の表は、自宅でのピアノ練習に役立つよう考えられています。練習する度、一マスずつ塗っていきます。

 

右のカードは、ピアノの曲が一曲合格する度、シールを貼ります。

どちらもゴールしましたら、ささやかなプレゼントをお渡ししています。

 

■上記以外の楽譜を使うこともございます。

幼児のレッスン、行っています

ステージアです

小学生の生徒さんです

小学生の生徒さんです

小学生の生徒さんです

教室のパンフレットです

教室だよりです(毎月発行しています)

トップへ